当社の歴史
会社概要
沿革
主要得意先
弊社サービスのお問い合わせはこちらまで ▼
当社の歴史
沼津市のねじ製造業の祖
創業者・大川栄作は、明治28年駿東郡片浜村(現在の沼津市西間門)に生まれた。7人兄妹の次男だった栄作は、東京で機械加工の職人の修業をする。大正13年28歳で独立し、航空機用精密ねじの製造を始めた。 東京での事業は順調に拡大し、栄作は昭和13年、出身地だったことに加え社内に郷土出身者が多かったことから、沼津市に工場を新設した。現在、ねじ製造業は沼津市の地場産業のひとつとなっているが、その多くは大川螺子の出身者が独立創業したものである。 栄作はまた、郷土発展にも心を砕いた。沼津移転の翌年には育英会を組織し、奨学金や施設を提供して多くの勉学の子弟を支援した。社会福祉にも目を向け、母子寮や、戦後は外地引揚者のための宿舎に社員寮を提供した。 大川栄作は、沼津の精密ネジ工業化の原動力であったこと、そして社会事業に対して献身的な努力を行ったことから、人々に高く評価された。彼の胸像は、没後10年、地域の関係者によって建立されたものである。
   
会社概要
商号
株式会社大川螺子製作所
創業
1924年8月2日
資本金
10,000,000円
所在地

本社・沼津工場 〒410-0004 静岡県沼津市本田町2番6号

TEL
(055)921-0310
FAX (055)921-0311
URL
E-mail
敷地・建物
沼津/敷地20,042u(6,073坪)   建物7,419u(2,248坪)
代表者
代表取締役社長 大川八千代
従業員
71名
認証規格
ISO9001 (JQA−QM6664)   ISO14001 (JQA−EM4462)
営業品目
ボルト、ナット、小ネジ、冷間圧造部品
取引銀行
静岡銀行沼津支店        名古屋銀行静岡支店  
商工組合中央金庫沼津支店  日本政策金融公庫静岡支店
三菱東京UFJ 銀行沼津支店
所属団体
社団法人日本ねじ工業協会
スズキ協力協同組合
沿革
1924
大正13年
初代社長大川栄作、東京都に大川螺子製作所を創設。航空機用精密ネジの製造を開始。
1938
昭和13年
静岡県沼津市に沼津工場を新設。
1941
昭和16年
資本金150万円をもって株式会社組織とし、沼津工場を本社所在地とする。
1944
昭和19年
軍需会社に指定される。
1944
昭和19年
資本金を300万円に増資。
1946
昭和21年
民需に転換、自動車用ボルト・ナット・小ネジの製造を開始。
1960
昭和35年
機械工業振興臨時措置法の適用を受け、設備の合理化をはかる。
1964
昭和39年
大川栄太郎第二代社長に就任。
1967
昭和42年
工場建物を新設し、太物用ヘッダーの導入など設備を更新。
1968
昭和43年
ボルトフォーマを導入。
1981
昭和56年
2ダイス3ブローヘッダーを導入。
1982
昭和57年
完成品倉庫を新設。
1984
昭和59年
熱処理工場を更新、省エネタイプ連続焼入焼戻炉を導入。
1985
昭和60年
コンピュータを増設、キャドの導入などにより本格的OA化に着手。
1986
昭和61年
大川八千代第三代社長に就任。
1992
平成4年
ロングタイプボルトフォーマ S425 導入。
1993
平成5年
ボルトメーカー FR340 導入。
1995
平成7年
資本金を1000万円に増資。
1997
平成9年
高速2ダイス3ブローヘッダー NP100 導入。
2001
平成13年
ISO9001取得
2004
平成16年
ISO14001取得
2006
平成18年
パーツフォーマ BPF550 導入。
2008
平成20年
連続焼入焼戻炉を増設。
2009
平成21年
本社事務所棟を新設。
主要得意先
スズキ株式会社   株式会社佐賀鉄工所   株式会社メタルワン鉄鋼製品販売
株式会社石原製作所    株式会社小山

 
 
Copyright(C)2009 OHKAWA RASHI SEISAKUSHO CO.,LTD. All Rights Reserved.